夫婦旅行の問題点と楽しみ方・過ごし方のポイントとは

家庭問題
スポンサーリンク

夏休みや長期休暇の際、夫婦で旅行に行く方もいると思います。

しかし、些細な事から夫婦間で揉めてしまい一緒に行きたくないと考えられている方も多いのではないでしょうか。

どのような事が旅行時の問題点になってしまうのか、楽しくする方法はあるのかなど考えてみましょう。

スポンサーリンク

旅行が楽しくない夫婦にありがちな4つの問題

夫婦で行くとなぜ楽しくないのか、何が理由なのか、何となく思い当たる所もあるのではないでしょうか。

実際に夫婦旅行にありがちな問題点はどのような事なのか考えてみましょう。

旦那の態度が気になる

夫が何にでもケチをつけるのを見たくないですし、して欲しくないと感じてしまう奥さんも多いのではないでしょうか。

散策に行くと周囲の密集度からの周囲への愚痴や、ホテルに対しての愚痴、食事についても一つ一つ愚痴を横で聞かされるのは辛いです。

後は旦那がケチで「あれは高い、これも高い」と常にイチャモンを付けてこられるとイラッとしますね。

旦那が急に不機嫌になる時があるが、その理由がサッパリ分からず機嫌が治るのをひたすら待つだけになってしまい、楽しく過ごせない事もあると思います。

お互い趣味・関心が異なる問題

お互いに行きたい所が違うため、行きたい所に行けず不満を持つ事あると思います。

譲り合う事もないし、そのせいで言い争いになってしまい最終的には一人で行けばいいと言われてしまう。

一方ではグルメに関心があり、ご当地グルメを食べられる期待感から少し並ぶ事も厭わないつもりが、一方は普通のラーメンなどでいいからとすぐに食べられるお店に行こうとして揉めたりしていませんか。

後は、一方では有名な観光地に行こうと少しでも多く回りたいが為に色々と計画していたが、一方は一カ所をゆっくり回りできれば静かな所に行こうとするとやはり揉めてしまいますね。

旅行の計画が原因で生じるトラブル

計画を立ててもそもそも計画を立てるのが下手、もしくは、旅行の計画をしていても疲れてしまい途中から適当な計画で済ませてしまう人もいます。

ホテルや行き先が直前まで決まらず、気付いた時にはホテルが殆ど埋まっていて希望するホテルに泊まれなくて泣く泣く予算を上げたり、希望する場所から離れた所に泊まったりする羽目になったりしませんか。

性格が大雑把で、計画を立てても適当過ぎて殆どが行き当たりばったりだと、例えば周遊クルージングを計画したのはいいけれど、定休日や時刻表を確認しておらず長時間待つ羽目になったり、定休日で乗れずじまいだったり、結果その日が終わってしまう事ありませんか。

後は、段取りが悪く、バスやタクシー等なしで歩かされて疲れてしまう事も。

コロナ問題の長期化

新型コロナの流行により、入国制限・行動制限といった措置で楽しめない状況にあります。

心理的にも、新型コロナへの不安から心から旅行を楽しめないのではないでしょうか。

スポンサーリンク

夫との旅行を楽しくするにはどうすればよいか

夫婦で旅行となった時に今までの経験から夫との旅行を楽しめない方もいたと思います。

では、どのようにすれば楽しむことができるのか少し考えてみましょう。

旅行の目的をしっかり決める

旅の目的を設定しないまま出掛けると、行き当たりばったりになりがちです。

目的をしっかり決めて満喫するように計画してみましょう。

美味しいものを食べる事を目的にしたり、歴史散策や景色を見る事を目的としたり、温泉を巡る旅にしたり、大きな目的を決める事で無理な計画を防ぐこともできるのではないでしょうか。

余裕を持った目的の計画を立ててみるといいかもしれませんね。

綿密な計画を立てる

今まで大雑把な計画を立てていた人は、一度綿密な計画を立ててみてはいかがでしょうか。

今は便利なWebサービスやアプリもありますのでフルに駆使してみてもいいかもしれません。

Google Flightsで安い航空券を見つけたり、旅行情報サイトも色々あるのでそこから旅のルートを決めてもいいですし、ホテル情報サイトでホテルや旅館を選ぶのも楽しいですね。

交通情報アプリをいれておけば時刻表もある程度わかりますので時間も調べやすいと思います。

どれくらい歩くか事前に調べておくと、旅の歩き疲れが生じやすい人は、圧着ソックスやインソールを利用し疲れ対策もとれると思います。

旅行がスムーズに進めば、夫婦のコミュニケーションも改善できるのではないでしょうか。

譲り合いの心を大切にする

夫婦は距離が近い相手ですので、遠慮なく文句を言ったりわがままを通そうとしたりしがちになっていませんか。

相手の趣味・関心に合わせてみる事も大事なのではないでしょうか。

1回おきに食べ物や旅行先を相手の好みに合せ交替したり譲る気持ちが大切だと思います。

一度行って見て楽しめない時には、改めてお互いの意見をもう一度すり合わせてみてはいかがでしょうか。

ホテルを豪華にする

休むところを豪華にすることで、旅行中の疲れからくる喧嘩も防ぐことができるのではないでしょうか。

サービスも充実していますし、ホテル内でも楽しむことができます。

眺望や部屋が豪華な分、非日常を味わい会話もはずむのではないでしょうか。

先述したようなホテル比較アプリやサイトを使い探してみるのもいいかもしれません。

思い出の場所を巡る

今は楽しくなくても、結婚前の旅行は楽しかった人も多いです。

以前の気持ちを思い出すために、思い出の場所を巡ってみてはどうでしょう。

マンネリ化を感じている夫婦は、思い出話しなどでマンネリ解消の一つのカギになるのではないでしょうか。

初めて会った場所や、プロポーズした場所、よく食事に行った場所、よく遊びに行った場所など色々と計画を立ててみるのもいいかもしれませんね。

スポンサーリンク

アフターコロナの休み夫婦旅行はどうするか

コロナ後の旅行について現時点ですでに発表されているものもあります。

それらを利用し出掛けてみたり計画をしてみるだけでも楽しいのではないでしょうか。

感染を予防できる旅行内容にする

例えば、ガイドブックにのっていないようなマイナーな観光地を楽しむことで「3密」を避ける計画を立ててみるのはいかがでしょうか。

移動する際もマイカーやレンタカーを利用して公共交通機関の利用を極力避けて移動する事も避ける意味ではいいかも知れませんね。

お住まいの地の県内旅行キャンペーンを利用

地方自治体が「県内旅行者」向けのキャンペーンを出している。

県を跨いで遠出するのではなく、普段日帰りで遊びに行く場所に宿泊する事で地元の経済再生も応援可能となります。

県民向けの宿泊クーポンや県産品の割引クーポンなどの配布が旅行予約サイトでも増えてきていますので一度見てみるのもいいかもしれません。

GoToキャンペーンを利用する

GoToキャンペーンとは、旅行や飲食店などの需要喚起キャンペーンの事です。

GoToTravelキャンペーンでは、旅行・宿泊料金の金額(上限一人1泊2万円)を国が支援してくれます。

宿泊予約サイトや旅行会社から申し込む事で助成金を使った旅行が可能となります。

開始予定は2020年8月初旬となります。

今後も状況に応じて似たキャンペーンが行われる可能性もあるので日ごろからチェックしておくと上手く利用して旅行に行く事ができるかもしれませんね。

スポンサーリンク

まとめ

旅行に行くと、普段気にならなかった相手の態度がきになったり、旅の目的が夫婦で違ったりしてせっかくの旅行が楽しくない時もありますよね。

後は、計画がうまく行かない時や、旅好きなのにこのご時世で行けず気持ちが沈みがちになる方もいます。

こんな時だからこそ、バーチャルで行ったつもりのバーチャル旅をしてみたり、普段計画しない時はしてみたりと、こんな時だからこその旅の計画を立てる事が出来ると思うのです。

コロナ後に行きたい場所を今から計画しておくのも夫婦での共有できる楽しみの一つになるのではないでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました