中学受験で家族崩壊の危機|中学受験で親がすべきことは? 

家庭問題

子供の中学受験をきっかけに、不和や分裂が顕在化した家庭は少なからずともあります。

中学を受験しようとしたはずが、無意識にストレスを溜めてしまい些細な事からダメになる可能性もあるのです。

では、なぜ不和が起こってしまうのか、親が受験に対してすべき事など考えてみましょう。

中学受験で深まる溝・・・家族不和が起こる原因とは?

受験をきっかけに家族の不和が起こる原因を探ってみましょう。

母親が熱心すぎる・狂気じみている

我が子が可愛く愛情をかけるのは当然ですが、それが行き過ぎた教育に繋がってしまう事もあるのです。

問題が解けずに悩んでいる子供に対し「何でこんな簡単な問題ができないの?」とできない事を責めてしまってはいませんか。

放課後も、土曜日曜祝日も勉強で長時間拘束していたりしませんか。

何かにつけ「中学受験に失敗したら、人生の敗北者・社会の脱落者になる」などと言いプレッシャーをかける方もいます。

母親が厳しい場合もあるのですが、父親が厳しい家庭もありますね。

父親が受験に無関心・非協力的

父親と母親の受験に対する考え方が違う事が多い家庭もあります。

父親は「子供はよく遊ぶべき、勉強より人間力(挨拶や常識など)が大事」だと言い、受験するべきだと発言する母親と意見が合わず両親が対立しがちです。

父親があまり子供の教育には興味がないのに、子供の塾の費用や、教材の費用を「塾行く必要ある?俺は塾とか行かなくても大学いけたよ?必要なの?」と昔の自分の経験を言い出し渋る。

子供は受験する必要がないと思っている父親は、子供を遊びに誘ったり、勉強に集中できるような環境をつくる協力をしてくれず邪魔をしてきます。

その結果、揉めることが増えてしまい夫婦仲が悪くなってしまう家庭もあります。

子供の成績が伸びない

行き過ぎた教育の結果、子供の成績が伸びず、子供がうつ状態になってしまう場合もあります。

親は子供の為だと言いつつ子供を追い詰めてしまうために、子供が親の期待に応えられない自分を責めるようになります。

周りとの競争がストレスとなり、成績が伸びない負のスパイラルに落ちてしまいます。

子供の成績が悪い事と上手くいかない事で夫婦仲の諍いが増えてしまい家庭不和が生じる場合もあるのです。

受験にかかる費用の工面

受験にかかる費用、入学後の費用など掛かる金額は大きいです。

多額の費用を捻出するために無理のある節約や貯蓄をしてしまい、精神的なゆとりを持つことが難しい家庭もあります。

些細な事でイライラしてしまい家庭不和が起こっても仕方ない家庭もありますね。

受験生の親がすべきこと|家庭崩壊をしないための対策法

中学受験でほんとうに親がすべきことは何でしょう?

家庭崩壊に繋がらないためにすべきことがあるのではないでしょうか。

夫婦で教育方針・価値観の違いのすり合わせをする

性格の不一致、子供の教育方針の違いで離婚してしまう夫婦もいます。

対立するのはやめ、相手の意見を尊重したうえで一度しっかりと話し合いましょう。

そもそも中学受験をするかしないのか、するとすればどのように進めていくか話し合いましょう。

お互いの意見をぶつけ合うのはNGです、意見が割れたのであれば○月の模試で××点取れたら継続する、といった妥協点を作る必要があるのではないでしょうか。

そもそも一番大切なのは子供の意思です、親だけで決めてしまうのではなく、子供の意見も尊重しましょう。

無理やりやらせたり止めさせたりするのはNGです、子供ともよく話し合い方針を決めていきましょう。

やると決めたのならルールも決めておくといいです。

送迎は交代で行く、塾にかけるお金は幾らまで、勉強をやらせるのは何時までなどと色々と決めておいた方がいいルールもありますのでそれらは先に決めて、始めてみてその都度話し合ってルールを追加したり削除したりするといいかもしれません。

自分を客観視する

自分が悪い「教育ママ」になっていないか、「教育虐待」をしていないか、

自分の学歴コンプレックスからやり過ぎていないか?と考えてみましょう。

子供の為を思って、自分が苦労したから苦労させたくないと思って、など色々と理由はあると思います。

子供の為と思って行う事が行き過ぎていないか、成績が思うように伸びないからと厳しく叱咤していないか、「中学受験に受かった子供の親」という自身の見栄の他の為に受験させていないか本当に子供の為になっているかを考えましょう

言葉を変える

不安やプレッシャーを子供に感じさせないように口癖を変えましょう。

つい言ってしまう「大丈夫なの?」「このままだと無理」などと言って子供を不安にさせる言葉を変えてみましょう。

子供の成績がふるわなくても怒りに任せて叱ったりするのではなく、前向きになるように褒める言葉を使うようにして子供の不安を減らしてあげましょう。

子供を信頼してある程度任せてしまう事も大事です。

子供に勉強してと一言だけ伝えどのように勉強するか任せてみても子供の自発性を育てるいい機会なのではないでしょうか。

出来なかった時に一緒に考えてあげるのもいいかもしれませんね。

ストレス発散を定期的に行う

ずっと受験勉強させるのではなく、夏休みには旅行にいったり、帰省したりと違う事でストレス発散できる環境をつくる事も大切です。

自分も家族も切り替えができ、勉強もとても大切ですが、家族の思い出を作ったり団らんする事も大切なのではないでしょうか。

勉強する事がストレスになっていないか、子供の心のケアを行う事も大切です。

まとめ

子供の中学受験をきっかけに、両親の価値観の違いや勉強への熱量の違いなどから、家族の不和や崩壊へと繋がる可能性がある場合もあります。

何とかしなければいけないと思いつつも上手くいかずストレスが溜まる一方だったりもします。

しかしもう一度よく考えてほしいのは本当に受験するのが正解なのか、家族全員が受験する事を受け入れているのかという事です。

受験するとなっても上手く自分を客観視できているのか、子供に無駄なプレッシャーやストレスを与えていないかよく考えてください。

うまくストレス発散を行う事で心のケアもできますし家族全員が受験に向かう事ができるのではないでしょうか

タイトルとURLをコピーしました