夫婦寝室を別にする|きっかけ・夫の反応・メリット・デメリット

家庭問題
スポンサーリンク

結婚生活において夫婦が一緒に寝ていたところを寝室やベッドを別にするきっかけは色々あると思います。

生活時間の違いから就寝時のストレスまで色々原因はあると思いますが、妻が寝室を別にしたいと考えるきっかけとはどのような事なのでしょうか。

夫の反応や寝室を別にするまでの事なのか、対応策はあるのかなど考えてみましょう。

スポンサーリンク

なぜ夫婦で寝室を別にする?そのきっかけとは

なぜ夫婦で寝室を別にしたいと思ったのか、そのきっかけはどのような事なのでしょうか。

些細な事からかなり深刻な事までいくつか挙げてみましょう。

人がいると寝れない

いつも誰かと一緒に同じ場所で寝ることになれない場合があります。

特に新婚時期だとそれまで一人で寝ていたのに一緒に住むようになってから当たり前のように同じベッドで寝るようになるとそれが慣れないと感じる方もいると思います。

1人の方が良く寝れるタイプの人もいます。

また、一緒に寝るようになり疲れが取れなくなってしまうケースもあります。

旦那がいびきや歯ぎしり、寝言を言ったりするので気になったりふと目が覚めたりして熟睡できなかったり、寝相が悪く、寝返りが多いためベッド上で端に追いやられたり落とされたりしてしんどいと感じ、睡眠の質の向上と熟睡できる時間を確保するためにも別室にしたいと思っている方もいるのです。

生活リズムが合わないから

夫婦でお互い就寝時間が異なるケースも多く、朝の起床時間が早い方が朝から動作で相手を起こしてしまう可能性もありますし、夜の就寝時間も部屋に出入りする物音でせっかく寝ている相手を起こす可能性もあります。

時間のコントロールはお互いに難しいですし、合理的に割り切って寝室を別にしようとする人もいます。

子供ができたから

子供ができると、子供の為に安心して眠りやすい環境を整える必要があります。

せっかく子供をねかしつけたのに旦那がたてる物音・アラーム音で起きてしまったり、子供用のスペースを確保しようとすると、部屋の大きさにもよりますがベッドの横に子供用ベッドを置くことが難しい場合もありますし、ベッドで3人一緒に寝るのも厳しい場合もあり、寝室を別にする方もいます。

パーソナルスペースを確保したい

寝る前に夫と話すよりも、音楽を聞いたり、ゲームをしたりといった時間を取りたいケースもあります。

ムダ毛処理や肌ケアなどあまり見られたくない事もしやすいですし、寝るときだけではなく、それ以外の時間でも趣味にも使える自分の部屋が欲しいと考える方もいます。

夫婦関係が冷めてきたから

結婚生活が長くなると、惰性で生活するようになり、相手への熱は結婚当初よりは冷めてしまう方も多いでしょう。

夫婦間の雰囲気が悪くなったり、夫婦不和の問題が起こりやすくなります。

特に夫婦仲が悪くない場合も、年齢があがるにつれて、こだわりがなくなり、ベッドや寝室を別にする夫婦は増えてくるのです。

スポンサーリンク

寝室を別にするか考える時にすべきこと・対策とは

夫婦で寝室を別にするか考えた時にまずすべきことや対策を考えてみましょう。

夫婦一緒に寝るメリット・効果にも目を向ける

夫婦の寝室を別ける前に夫婦一緒に寝るメリットにもしっかりと目を向けてから、どうするのか考えるのが良いのではないでしょうか。

一緒に寝ることで、自然とスキンシップ・コミュニケーションが多くなっていた、取れていたのではないでしょうか。

夫婦水入らずの時間を過ごせ、愛情を保つことができていたのではないでしょうか。

結果的にセックスレスから離婚や不倫・浮気に繋がることを防げている場合もありますし、愛情を保つことで、生活にハリをもたらし、結果的に健康で長生きもできるという説もあります。

万が一緊急事態(脳梗塞など)になったときにいち早く気付ける事もあるのです。

デメリットを気にしすぎない

合理的な理由があって寝室を分けたいなら、無理に一緒に寝ることに拘らなくても良いのではないでしょうか。

別々に寝るからといって、即離婚に繋がるわけではありません。

夫婦が円満にやっていくために、夫婦関係の本質を見極めて、寝室以外の場所での対応を考えればいいだけなのです。

休日を利用してリフレッシュする時間をとったり、寝室を分けたことで二人きりの時間が減ったと感じたのなら二人きりの時間を作ったり、2人きりの時間を大切にする事もできます。

日常的な暮らしの中で夫婦で話す時間を作ったり、感謝の言葉をお互いにかけるようにするなど、お互いに気をつけていれば、デメリットを気にする事も減るのではないでしょうか。

たまに一緒に寝る・徐々に別室にする

寝室を別にする時も、ずっと別でいる必要はありません。

たまに一緒に寝る日を作っても良いのではないでしょうか。

夜更かししても良い日に一緒に寝たり、毎週金曜日や土曜日など一緒に寝る日を決めたりして、何かの折に寝る日をあえて作るのです。

また、いきなり別室というのはハードルが高いのであれば、少し距離を置くだけでもいいと思うのです。

ダブルベッドで寝ていたのをシングル二つにし、間に仕切りやスペースをとるなどして距離を離しておくだけでも、アラームなどの生活音やいびきが気にならなくなるケースもあります。

相手の反応や意見を尊重しながら徐々に納得できる方法を見つけていくことで、夫婦仲に亀裂が入ることを防げるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

まとめ

夫婦一緒のベッドで寝ていたが、色々な理由から寝室を別にしたいと考えている方もいるでしょう。

絶対に一緒に寝たい人と、寝るときは1人がいい人の意見をすり合わせるのは大変でしょうし、子供がベッドから落ちるから、生活時間帯が違うからなど人それぞれ理由があると思います。

寝室を分けたから仲が悪くなるとは限りませんし、かえって夫婦の時間をあえて取ろうとしたり、2人の時間を大切にするかもしれません。

睡眠を邪魔されること程イラッとする事もないでしょうし、夫婦でよく話し合う事が必要ではないでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました