旦那がすぐ機嫌が悪くなる理由と、怒る夫に疲れるときの対処法を解説

家庭問題

旦那がすぐ機嫌が悪くなる理由と、怒る夫に疲れるときの対処法を解説

旦那がすぐ機嫌が悪くなる…それも子どもの前で怒鳴る旦那にもううんざり、と悩んでいる妻もいることでしょう。怒ると手がつけられない旦那が怖い、という深刻な悩みを持つ妻も。

なぜ夫は、このようにすぐに機嫌が悪くのでしょうか。本記事では、旦那の機嫌が悪く理由と、すぐ怒る旦那にどうやって対処すべきか、その対処方を詳しく解説します。旦那が少しでも優しくなるように、ここで解説した対処方を試してみてくださいね。

怒るポイントがわからない|旦那はいつ機嫌が悪くなるもの?

旦那の機嫌が悪くなるポイントはどこにあるのでしょうか。ここでは、いくつかの代表的なポイントを紹介しましょう。

自分の失敗が原因で不機嫌になる

すぐ機嫌が悪く夫は、自分の失敗や些細なことでも怒ってしまいがちです。

例えば、車の運転中に道を間違ったり、テレビのリモコンがすぐに反応しなかったり、そんな状況でも「…はぁー」と怒りのため息をもらしてイライラし始めます。

妻が何かに失敗すると機嫌が悪くなる

自分の失敗にも機嫌が悪くなる夫が、妻の失敗を大らかに見過ごしてくれることはほとんどないでしょう。

頼んでいた物を買い忘れている、シャツにアイロンがかかっていない、などさまざまな理由から不機嫌になります。人間であれば失敗や間違いがあるのは当然ですが、そのように常識は通用しません。

妻が夫を注意するとキレてしまう

妻が夫に注意しようものなら、短気な夫は逆ギレします。例えば、飲みすぎる夫の体を心配して、「これ以上は体に良くないよ」と注意しても、自分が否定されたように感じるのです。

夫のためであっても、自分の意に沿わない意見やアドバイスは聞き入れることができません。

運転中、周りの車にすぐ怒る

すぐ機嫌が悪くなる夫は、運転中も周りの車にイラついてすぐに怒ってしまいます。

前の車のスピードが遅いと「もっとスピード出せよ」とつぶやいたり、パーキングスペースに停める車がもたついていると舌打ちしたり、普段よりキレやすい夫は少なくないでしょう。

すぐ機嫌が悪くなる旦那は、大人らしく「待つ」ことはできません。

自分の思い通りにならないとすぐ機嫌が悪くなる

すぐ機嫌が悪くなる旦那は、どのような状況であれ、自分の思い通りにならないと怒ってしまいます。例えば、料理の塩加減が自分好みではなかったとか、明らかに理不尽と思える内容でもキレます。

世間は、自分の思い通りにはなりません。普通の大人であれば知っていることを、すぐ機嫌が悪くなる旦那は分かっていないのです。

旦那が機嫌が悪くなる理由とは

そもそもすぐ機嫌が悪く旦那は、どのような理由から機嫌が悪くなるのでしょうか。ここでは、その理由を5つ紹介しましょう。

価値観の違いが許せなくて不機嫌に

とくに妻に対してキレやすい夫は、妻の価値観が自分と異なることが許せないようです。妻のことを自分とは違う別人格という認識はありません。妻は夫である自分に従って当たり前という、ひと昔前の考え方です。

男性は女性よりプライドが高い傾向にあります。このような男性は、意見が違うだけなのに自分が否定されていると感じてキレます。

仕事のストレスがたまっていてキレやすい

仕事が忙しくてついイライラする、という感情は、妻も理解できますよね。ただ、その感情を人にぶつけるかどうか、という問題です。

このような夫は、職場では「いい人」として振る舞っていることが多いでしょう。職場での我慢が、妻や家族へ向けられています。妻の前では、素の自分でもいいと甘えているのでしょう。

自分のほうが妻より偉いと思い怒る

すぐ怒る夫は、自分は外で働いて妻や家族を養っているので、妻より偉いと思っています。社会に出るともっと厳しいのだから、妻が家事をできなければ厳しく注意しても当然と思っているのです。

「価値観の違いから機嫌が悪くなること」、「意見されて機嫌が悪くなること」も、自分のほうが妻よりも偉いという心理が根底にあります。

自分に自信がないから小さいことで機嫌が悪くなる

反対に自分に自信がないときも、機嫌が悪くなる傾向にあります。外での男性は、競争社会にさらされており気の抜けない状態にいます。

営業であれば、営業成績は常について回り、出世競争から脱落すれば、周りのみんなに一目瞭然です。

精神的に弱い男性であれば、常に不安定な精神状態に置かれています。

このような旦那だと自分を正当化するために、人のあら探しをしてすぐに機嫌が悪くようになります。自分よりできない人がいることを確かめ、安心感を得ようとしているのでしょう。

幼少期からもともと短気な性格である

すぐ機嫌が悪くなる旦那のなかには、幼少期から短気な性格という人もいるのではないでしょうか。付き合っていたころは、そこを男らしく感じていたのに、結婚するとその短気にうんざりというわけです。

このような旦那は、ちょっとしたことに怒鳴ったり意見をいい返すと逆ギレしたり、理不尽にキレます。もともとの性格なため、その性格を直すことは難しいでしょう。

手がつけられない!怒りっぽい夫にうんざりしたときの対処法とは

ここでは、すぐ機嫌が悪くなる夫にうんざりしたときの対処法を紹介しましょう。長年の習慣を変えることは難しいですが、旦那の怒りに自分までイライラしないようにできることをやってみてくださいね。

家事育児を全て任せる

旦那が妻にすぐ怒るのは、家事や育児が外で働くことよりもずっと簡単だと思っているからです。子どものいる専業主婦として家事や育児をやると、外で働くほうがずっと楽と分かりますが、人は経験しないと分かりません。

一度、2、3日のプチ家出をして、旦那に家事や育児を全て任せてみてください。子どものいる専業主婦が、24時間365日、休みなくフル活動で働いていることが分かるはずです。

旦那の意見を否定しない

自分と違う意見に対して怒る旦那には、まずは意見を否定しないことが大切です。聞いているフリをして、スルーしましょう。話を聞かないと「聞いてないだろう」とまた機嫌が悪くなるので、「うん、うん」と頷いておけばいいのです。

否定意見を聞き入れられないのは、自分に自信がない証拠。「あなたはすごいのね!」など分かりやすい言葉で自信をつけてあげたり、違う意見でも「あなたのほうが正しい」という態度を見せたりすると落ち着くものです。

夫が怒っても放っておく

すぐ機嫌が悪くなる旦那に振り回されて、正直、疲れた…と感じる妻も少なくないでしょう。

話しかけるタイミングが悪かっただけ、八つ当たりや夫自身にイライラしているだけ、ということもあります。

夫がイライラし始めたら、無視してその場をそっと離れましょう。

自分までイライラしないようにする

すぐ機嫌が悪くなる旦那に合わせて、妻まで怒りっぽくなると逆効果です。

売り言葉に買い言葉で、さらにエスカレートしてしまうことも。理不尽なことも「いつものことだ」、といちいち心に留めないようにしましょう。

優しくなるようカウンセリングを受ける

アンガーマネジメントという、怒りをコントロールする心理トレーニングがあります。怒らないようにするのではなく、怒りの感情と上手く付き合っていく方法を学ぶものです。

ひょっとしたら、旦那も自分の怒りをなんとかしたいと考えているかもしれません。夫婦2人でカウンセリングを受けることができると、状況はぐっと良い方向に向かうでしょう。

まとめ

キレやすい旦那だと、妻のほうもイライラして子どもの前で怒鳴ったり悪循環に陥る可能性もあるでしょう。場合によっては、怒りから暴力に発展することもあるため、慎重な対応が求められます。

怖いと感じるほどの怒りであれば、専門機関に相談することをおすすめします。これ以上は我慢できない…離婚したいと考えているなら、弁護士への相談は欠かせないでしょう。キレやすい夫だと、離婚話に激高することもあるため、入念な準備が必要です。

タイトルとURLをコピーしました