共働きと生活費の問題|夫と折半はおかしい?夫が生活費出さない?

家庭問題

共働きで暮らす夫婦間で、生活費はどのようにしていますか。

夫が生活費をくれない、共働きなのに家庭の事は妻に丸投げで食費のみしか出さない、夫婦間での収入格差による生活費の割合がおかしいなど、色々と生活費について悩んでいる方もいるのではないでしょうか。

そんな生活費をくれない夫の共通点や心理・理由、対処法など考えてみましょう。

共働き夫婦の生活費でもめる2つのケース

共働きの夫婦間で揉める大きな理由として、夫が生活費をくれない、同額の生活費を求めてくるなど、妻としては理解はできますが納得はできない方もいるのではないでしょうか。

収入格差があるのに、生活費を折半しようとする

妻の方が収入が少ないのに、折半しようとする旦那もいます。

旦那と妻で同じ額を出す事で公平感があり、対等な関係でいられるためだと考えている事が多く、金額を多く出している方が喧嘩になった時に、その事を持ち出してくることを防ぐからという理由があるようです。

夫としては家庭内の力関係のバランスを取る事にも繋がるという思いがあり、夫婦不和の原因を無くすことができると考えているのではないでしょうか。

旦那が生活費をくれない

共働きの場合、妻にも収入があるため、そもそもお金を渡す必要がないと考える旦那もいます。

生活費を支払うのは妻が多いため、妻の口座の貯金額は少なくなりがちです。

旦那としては自由に使えるお金が多くなりますし、そんなに支払いがあるとも思っていないのかもしれません。

その分奥さんとしては不公平感と言うものが生じるのではないでしょうか。

共働きで夫が生活費をくれない!その理由・心理とは

1-2で取り上げた旦那が生活費をくれない事は問題になるとは思うのですが、なぜ生活費をくれないのか、どのような理由や心理からそのような考え方になるのか考えてみましょう。

自由でいたい

自分で苦労して稼いだお金だから基本的に自分の物として考えている旦那もいます。

相手の同意なく自由に何に出費するのかを決めたいし、それが理想だと考えている人もいるのです。

妻が管理していると、不満や不信感が生まれそうという思いもあります。

考え方としても、財布が別でも一緒でも、結局、夫婦としての合計資産は変わらないので、奥さんのお金だけが減ったとしても結果的に足りなくなってから自分のお金を渡せばいいので、それまではお金を渡す必要はないと感じているのではないでしょうか。

お金をすでに使い込んでしまっているためお金がない

生活費にあまりお金をかけたくないし、自分の好きな事や趣味などに費やしたいと考えている方もいます。

何らかの理由でお金を使い込んでおり、生活費を渡せる程残っていない可能性も。

ギャンブルやゲームの課金、キャバクラや浮気のデート代など、足りなくなり妻に黙って借金をしている可能性もあるのです。

(子供がいる場合)子育てにお金がかかる事を認識していない

子供が大きくなるにつれ生活費はかさんでいきます。

学費も高くなりますし、食べる量も増えると食費もかかります、衣料の費用がかさむなど、この事実に気が付いていない夫は多くいます。

新婚の際の2人暮らしのままの生活費の感覚が残っていて、子育てにお金がかかる事の重大さに気が付いていない旦那も多いのです。

生活費をくれない旦那を説得する対処法とは

実際問題、生活費をくれないままですと生活はとても大変です。

そのままでは生活が出来ない訳ですから、生活費の問題に不満がある場合の夫への対処法などを考えてみましょう。

生活費を出さない理由を聞いてみる

そもそも、なぜ生活費を入れてくれないのか聞いてみましょう。

夫婦で折半をする事自体に違和感を感じている事もしっかり伝える事が大切です。

この時に気をつける事は、夫を批判するのではなく、落ち着いて理由を聞き出しましょう。

例えば、夫が子供の将来のために貯金しているなど子供や将来を見据えての答えなのであれば、その貯金から生活費に回してもらう事も言えますね。

逆に、生活費を渡さない理由が自己中心的で、その考え方を変えない場合には離婚も視野にいれて話をしていきましょう。

生活費を家計簿につけて夫にみせる

男性は、感情に訴えるよりも数字等を用いて論理的に説明する方が解決にむけて行動してくれます。

まずは家計簿をつけましょう。

生活費がどのくらいかかっているのか、足りないお金はいくらなのかを具体的に書き出すことで、実際にかけている生活費と本来かけたい生活費のかい離も明らかにしておくと良いでしょう。

家計簿をある程度つけたら、夫に家計の収支状況をみせながら話す事もできますね。

この時、自分の節約術でなんとか乗り切れている事を説明し、具体的にいくら生活費を入れてほしいのかを提示しましょう。

夫婦の財布を一つにするように提案する

話し合いの中で夫婦の財布を一つにして「お小遣い制」にする提案をしてみましょう。

財布を一つにすることで2人で稼いだお金を2人の生活に使うことができるようになります。

しかし急なお小遣い制を拒否する可能性は高いので、何かしら工夫して伝える必要性があります。

例えば、子供の進学の為○年だけ我慢してお小遣い制にしてほしい、とやむを得ない事を伝えることで旦那も納得してくれる場合もあります。

まとめ

共働きなのに夫が生活費を出してくれなくて生活が大変だと悩んでいる妻もいるでしょう。

子供がいる方は更に大変だと思います。

お金の事で揉めたくないのは分かりますが実際生活が苦しいのも事実です。

なぜ生活費を出してくれないのか一度話し合ってみてはいかがでしょうか。

話を聞いてからお金が足りない話やどうやりくりしていくか提案や話し合いを重ねその都度うまく対処できると良いですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました