年の差婚は幸せ?後悔する?年が離れた夫婦の結婚について

家庭問題

年が離れた人と結婚した方もいらっしゃいますが、年の差婚について幸せな事や、結婚して後悔した事、先の心配な事について考えた方もいるでしょう。

旦那が年上の場合と妻の方が年上の場合でも違う悩みもあると思いますし、年の差婚の上手く行くコツなど考えてみましょう。

年の差婚って幸せ?後悔する?|旦那が年上の場合

旦那が年上の場合、考えられるメリットやデメリットを考えてみましょう。

旦那が年上のメリット

・包容力がある
様々な経験を積むことで視野も広くなり、人は寛容になっていくので、相手が年上の場合、同年代よりも包容力があります。
気遣いも上手く、甘やかしてくれるところもあるのではないでしょうか。

・経済的余裕がある
会社内での地位が高いので年収が良く、共働きしなくても経済的に困る事が比較的少ないのではないでしょうか。

・人生経験が豊富
話題は豊富で場を飽きさせず、困った時にアドバイスをくれ頼りになるのではないでしょうか。

・見た目のわりに意外と若々しい
妻(年下)に合せようと頑張ってくれるのでいつまでも若く見える事もあるのではないでしょうか。

旦那が年上のデメリット

・老後の心配
妻よりも早く旦那が高齢になるため、介護や看取りの問題について考えてしまい不安。
旦那が定年退職を早く迎えるため、老後の金銭的な不安を感じてしまう。

・加齢
子供を作りにくい、子供ができても疲れやすく十分に遊んであげられなり可能性を感じてしまう。

・対等な相手として尊重しない
年下の妻を下に見る事が多い。
人生経験が豊富で、妻の話す事を全部聞かずに解決策だけ先に話す為、旦那の言うままになりがちです。

・周囲の目
周りのカップルと比べて劣等感を感じることがあり、加齢が進むと紹介しにくくなる方もいます。

・価値観の違い
趣味が合わず価値観のズレを感じたり、ジェネレーションギャップ等を感じ会話が苦痛に感じたりしてしまう方も。

年の差婚って幸せ?後悔する?|旦那が年下の場合

旦那が年下の場合、考えられるメリットやデメリットを考えてみましょう。

旦那が年下のメリット

・少年っぽさが母性本能をくすぐる
全てにおいて可愛さを感じ大体のことは許してしまい、見ていて癒されると感じている方もいるでしょう。

・老後が安心
老後も生活面や経済面で支えてもらえる安心感がある。

・若さゆえの元気がある
話していて楽しく、体力があるので子供としっかりと遊んでくれ、刺激を受ける事で自分も若々しくいれる気がするしいようと頑張れる。

・自分がリードできる
相手から頼られる、アドバイスをしてあげられる場面も多く頼られる事が嬉しいと感じる。

旦那が年下のデメリット

・頼りなさ・精神的に未熟
まだまだ未熟だと感じる事も多く、マナーや常識がなっていない場面もあります。
話す内容が子供っぽく感じ、人生経験が違うので話や趣味が合わないと感じる場合もあります。
自分の方がしっかりしなければいけないと思ってしまうことも。

・お金がない
若い旦那の方が収入が少なく、経済面で不安な場合がある。
貯蓄に回せる程収入に余裕がないのは不安ですね。

・年齢差から引け目を感じる
相手の方が若いので隣に立つのに気が引けてしまう。
若い女の子に目が行ってしまうのではないかと不安になってしまう。

年の差婚がうまくいかない!失敗しないコツとは

年の差婚にお悩みの方、失敗しないコツを考えてみましょう。

年の差婚のデメリットを理解し、お互いにカバーする

加齢や老後のことなど、どうしても回避できない事は共にカバーしましょう。

体調面での意識として、食事制限や運動を心がけることで少しでも長く一緒にいられるように健康に気を付けましょう。

今から少しずつ貯金を始めたり、老後の事を考えておきましょう。

互いに尊重する

考え方や価値観が違っても、相手の思いを受け止め、その違いを認めましょう。

頭ごなしに相手を否定するのではなく、年上年下関係なく一人の人間として対等であるように意識し、向き合うことが大切なのではないでしょうか。

日常的によく話し合う

お互いに思っていることや考えている事を口に出して伝えすり合わせしましょう。

価値観の違いやジェネレーションギャップを埋めるために話し合うことはとても重要です。

いつまでも良好な関係を築くために、定期的な感謝や愛情を伝える事を忘れてはいけません。

簡単なお礼を言う習慣作りがとても大切なのではないでしょうか。

まとめ

年の差婚をした妻、年の差婚をしようとしている女性は色々な年の差についての悩みがあると思います。

年上の旦那の場合にも悩みがあるように、年下の旦那の場合にも悩みはあります。

メリットを伸ばし、デメリットについても十分に話し合う事が大切ではないでしょうか。

それに同年代の夫婦にも種類に違いがあるけれど悩みは同じようにあるものです。

幸せな結婚生活を送れるようお互いを尊重し合えばしなくてもいい諍いも減るのではないでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました